スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:-- カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ルールを守ることの大切さ」について(2)

2010/02/23 (火) 11:31 カテゴリー/その他

チャートを見ながらウトウトしちゃいました
(〃´・ω・`)ゞェヘ


きのう、むすめ@もうすぐ5歳さんが

「オシッコ…。オパンツも少しヌレチャッタカモ…」

と、起こしてくれたおかげで(っω‐) ネミュイ



今日は、自分のルールのエントリーポイントで見逃しちゃったんで・・・
20100223
ここで入らなくていつ入る!!!!


で、コチラのマーフィさんの記事を・・・

自分への戒めでプレゼント(笑


****************

相場は「言うは易し、行うは難し」です。

終わった相場に対して、どうしてあの時、行動を取れなかったんだろうとか、
あれこれ思うものです。

しかし、また同じような状況が訪れると、決まって「今度は違うぞ・・・」となどと
自分に語ってしまうものなのです。



そもそも、ルールを決めることが大事です、
と言われても多くの投資家の方々は、「そんなこと分かっているよ。」と
仰られることと思います。

しかしながら、現実は、多くの投資家が取引のルールを決めることは出来ても、
心の底からそれを信用することが出来ず、「ルール従うこと」が出来ていません。



買いシグナルが点灯して、買ってはみたものの、相場が伸びきれず、
今度は売りシグナルが点灯する場合、「こんなところは売れない。」などと思ってしまい、
ルールに素直に従うことが出来ずにいます。


さらに翌日、相場が続落していると、
もうこんな安いレベルからは売りでは参入出来ないなどと
一人勝手に思い込んでしまうのです。

このような行動パターン、いや思考パターンは決して例外的なものではなく、
一般日常茶飯事なことなのです。



そもそも、「ルール」というものは、
「その行動を繰り返していけば、長期的には安定して収益が上がる可能性が高い」
ということを心の底から信用出来て初めて、実践で生きてくるのです。


私たち生身の人間は、与えられたチャート、データを前にする時、
感情を加えてしまいます。

相場観、相場地合いの強弱感、割高感、割安感なども同じ部類です。


しかし、「ルール」にはこれらが入り込むすきはありません。

ですから、ルールによる指示と自分の相場観が違っている、
喧嘩になることは頻繁に起こることです。


しかしながら、真の投資家はこの「ルール」を信用出来るのです。


運用の拠り所となるルールを否定することは、
儲けるという行為そのものを否定することになってしまいます。


「儲ける」という言葉が、「信じる者」と書く所以です。


「私のルール」はトレンドに乗るということです。

言い換えると、「トレンドに乗らない」という「ルール」でもあります。

本当に「言うは易し、行うは難し」ですが、
それだけに、継続的に実行出来さえすれば、収益は勝手に付いてきます。

私自身、過去に大いに苦労してきましたし、今ももちろん苦労することはあります。

しかし、トータルで見て、右肩上がりの結果となっているのは、
自分のルールを守ってきたからだと思っています。


マーフィの“日々是好日” → http://fx-blog.jp/murphy/index.php


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。